2005年12月

2005年12月28日

昨日、耳が大きくなっちゃう人と口からトランプをたくさん出す人(どんな人だよ!)とのショーを終え、今年も無事仕事納めとなりました。
ありがとうございました。

今日は事務所の大掃除。
うちの事務所はガラス張りなので、表の大きなガラス窓(壁?)を担当。
元来の凝り性な性格が仇となり、筋肉痛を起こす程、ピカピカに磨いてしまいました。
でも、きれいな事務所っていいですね。
こんな商売ですから、本番が近くなると机の上はぐちゃぐちゃになります。
今年一年溜まった、いらない書類は全部整理しましょ。

お昼は出前で寿司とって、プチ忘年会。
夕方まで作業して、本物の忘年会。
飲み過ぎない様にしないと・・・連日の忘年会続きで既に3キロ増量!

まっ、そんなこんなで明日一日休んで、明後日から富士山へ年越しキャンプへ行ってきます。
富士山での年越しキャンプもすっかり恒例となり、今年で3年目。
きれいな初日の出が観れるといいですね。

at 14:59 
とんでもな日々 

2005年12月19日

もう7年~8年やってますかねえ。
毎年恒例となってしまいました、某X'mas イベント。
昨日と一昨日の土日で10万人程集まったのですが、楽しいですね、毎年毎年・・・

そのイベントの中の、某ゲーム会社さんのステージをずっと演出させていただいているのですが、そのステージ演出云々ってのはとりあえずおいといて。。。このイベントのみで、一年に一度、もしくは二年に一度お会いする方々との交流が面白いです。
「やぁ~、お久しぶりですね。
 早いもんで、もうこの時期ですか・・・
 今年も終わりですね。。。」
てな内容の会話があちこちで聞こえます。

今年は、久しぶりに会う人たちに
「痩せましたね~」
といわれ、ちょっとご機嫌!
昨年より5kgくらい体重が落ちて、体脂肪も5%くらい下がっているのですが、ちょくちょく会う人はそんなに気づいてくれません。
それが、一年ぶりor二年ぶりとなると、一瞬気づかない人がいたくらいです。
じっとこちらをみて
「違う人かと思った。
 どうしたのそんなに痩せて。」
などと言われると、ちょっと照れますね。

食事等はかえずに、スポーツジムで痩せたので健康的に見られるみたいです。
良かった良かった・・・

で、リハ終わりでホテルへ。
うちの会社関連のスタッフで130名くらい。
美術や施工のみなさんをあわせるともっとたくさん。
ホテルも知り合いでいっぱいです。
宿泊するホテルも毎年恒例。
人数が多いので、エコノミーなビジネスホテルですが、なんと最上階に展望大浴場がついているんです。
このお風呂に入るのも楽しみのひとつ。
食事も30人くらいで食べにいって、お風呂に入る為に早めに帰ってきます。
一年ぶりの再会に乾杯した後の、ホロ酔い気分で展望風呂はご機嫌です。
(良い子のみなさんは、飲酒の後の入浴は控えましょう!)

翌日も早いので、数名で軽く部屋飲みする程度で早めの就寝・・・のはずが、「三時間しか寝れねえじゃん!」ってなもんで、眠い目をこすりながらの本番でした。

皆さん、お疲れさまでした。
また来年ですね!

at 15:20 
とんでもな日々 

2005年12月13日

先日「PSP」を購入しました!
とくにゲームをやりたかったのではなく、「CM」に魅せられて・・・

TALKMANというソフトのCMです。
ご覧になった方もいらっしゃると思いますが、中国のトイレで
「トイレットペーパーをください」
と言うと翻訳してたくさんのトイレットペーパーが投げ込まれるという あれです。

数日後に中国行きが決まっていたので
「同じ状況になったら役にたつかも!」
という安易な理由でした。

実際、中国には持っていったのですが電源が入ったのは、帰りの飛行機内のみ・・・
(そんなもんです、実際)
僕の席のモニターが壊れていて映画が見れなくて、やる事ないのでゲームに興じてました。
で、その時にやったゲームに今 はまってます。。。
PSP買うついでに、5本くらいゲームソフトも買っていたのですが その中の1本。
「もじぴったん」
というゲームです。

ゲーム自体ほとんどやらないので、動きが早いアクション系とかずっとやんなきゃいけないRPGものは苦手です。

で、「もじぴったん」っちゅうのは、簡単に言うとワードパズルです。
いろんな単語を組み合わせて、陣取りゲームのようなもんです。
これが辞書引いているようで、結構楽しい。
偶然出来た単語みて
「あ~、こんな言葉知らんかった!」
と大喜び。

う~ん。。。上手に説明出来ん。
これじゃあ単なる、言葉オタクみたいじゃないか!

まあ、やってみれば分かります。
おもしろいです。

それで、ついついいたずら心が・・・
どこまで単語としてOKなのか試してみたくなって・・・
いい歳こいて、うん○ とか ちん○ とか試してみる。
「うん○」はOKで「ちん○」はNG

フムフム・・・なんとなく分かる気がする。。。

となるとどんどんイヤラシい言葉を試してみたくなる。
これって、男の性分なんですかねえ。

中学生の頃、辞書でエッチな言葉を調べてドキドキしてた頃から、なんにも成長してませんね。。。

at 17:33 
とんでもな日々 

2005年12月11日

帰って来てから丁度一週間が経とうとしています。
会う人会う人に
「ニーハオ!鳥食った?」
と聞かれます。

日本ではとりインフルエンザの報道がすごかったみたいですね。
中国では全然報道されてませんでした。
報道規制?
国策?
まあまあ、そんな国ですから・・・

で、せっかく二週間も中国にいたのですから、これから中国に行って舞台の演出をされる場合の注意点(何人いるんでしょう?)をいくつかご紹介して、とんでも中国紀行のまとめとしたいと思います。

まず第一!
中国人スタッフに期待しない事!
はっきり言って、何もやってくれないと思って間違いありません。
馬鹿にする訳ではなく国民性なのでしょう。

演出内容などを説明して
「明白(ミンバイ」
(わかりましたという意味)という返事を受けて、安心してはいけません。
はっきりいって、何にも分かってくれてません。
通訳さんに聞くと
「あなたの言ってる事はわかりました。」
と思ってくれと。
やるかどうかは知らん。
もしくは、上手くやれるかどうかは知らん。
という事らしいです。

もっとひどい時は、聞いてないと言い切ります。
これには怒るを通り越して、あきれてしまいます。

注意点 第二!
演出機材に期待しない事!
はっきりいって、僕が演劇を始めた20年前よりも古い機材が現役です。
あんまり珍しいので写真とっちゃいました


04-1.jpgこれ照明機材ですよ!
日本では見た事ないですねえ。
昔の映画用ですかねえ???
全部で20個くらい吊ってありましたが、3つ位玉切れしてました。
でも、本番になっても換えるつもりは無い様でした。。。





07-1.jpg
これはオペ用の卓!
古いのは仕方ないけど、ちょっとくらい拭きましょうよ!
デロデロに汚れてるでしょ。
仕込み中に、肉まん食いながらボロボロこぼしてるし・・・
パッと食べて、仕込みしようとは思わないんですかね?



注意点 第三!
会場に期待しない事!
これには一番困らせられました。
11月の中旬にロケハンにいった時の事、機材を確認したいのでオペルームを見せてくれというと、
「今鍵がないので開かない!」
と答えられました。。。
???
だってロケハンに日本から来たんだよ!
鍵はどこだ?と聞くと「事務所」だそうです。
じゃあ、とってくるか誰かに持って来てもらうかしてくれよ!
って事でしょ?日本人の感覚では。
(ちなみに事務所は同じ敷地内です)
結局、何を言っても開けてくれずにロケハン終了。

それと、トイレには気をつけて下さい。
日本で言う「幕張メッセ」の様な会場なんですが、個室の鍵はついていません。
ティッシュペーパーもありません。
下の隙間からお尻は丸見えです。
これも通訳の方に聞いてみると、扉があるだけ立派だそうです。
中国人は、うん○するのを見られるのは恥ずかしくないそうです。
文化の違いですねえ。
朝、下腹部にその気配がなくても、必ずホテルの部屋で用を足してから出かけましょう!

ちなみに、夜 足裏マッサージに行ったところのトイレには扉はついていませんでした。。。そんなに古い建物ではないのですが。。。

最後に。
中国には台本を見ながらオペ(照明や音響の操作)をするという文化がないそうです。
これには参りました・・・
出演者がステージに上がったら、明るくしてマイクON だそうです。
それやるのに、台本見てどうする?
ステージ見てようよ。って事らしいです。
まあ、正しいと言えば正しいのですが。。。
これも通訳の方に聞いたのですが、2つ以上の事を同時にする文化がないそうです。
3つ目の操作をしようとしたらすると他の事を忘れるそうです。
(ほんとか?)

まあ、そんなこんなな中国ですが食事は最高です。
まさに旬な時期を堪能させていただいた、上海ガニ君達の写真で終わりとしましょう!
10-1.jpg

at 18:53 
とんでも紀行 

2005年12月04日

まあ、今回もとんでもな旅でしたが、とうとう明日帰国。
今日はオフ日です。

のべ2週間も中国にいると、すっかり中国人の顔立ちに近づいてきて、太極拳でも覚えたいくらいです。

まあ、そんな話はさておき・・・

昨日までは色々と勉強になりました。
だって、クリカムが中国語なんですよ!

まあ、わからない方に説明しますと、演出家って奴は 自分じゃ何にも出来ないの、照明さんや映像さん、音響さんからフロアのAD君達にレシーバーを使って
「あれやれ、これやれ」
と お願いをして 本番がウマくいきます。
よい子のみなさんは、映画やテレビで見た事ありますよね!

(※注 テレビや映画では
  「はい、1カメさん行きます。はいっ、キュー!」
  ってな感じですが、実際は
  「ボケ!」
  「アホ!」
  「死ね!」
  といった、やさしい言葉が行きかってます・・・!)

でも今回は、クリカム越しはすべて中国語。
これは、弱っちゃいますよ。」

いくら、僕のようなカリスマ演出家でも、中国語で
「ヒィーファーティー!!」
(すべて、そう聞こえる)
と言われると
「OK!それで!」
と素直に答えてしまいます。
(だって中国語って怒ってる様に聞こえるんだもん!)

それが
「次、どうします?」
って質問でも
「それでお願いします!」
って答えてたらしいです。

だって分からないんだもん!
怒ってるように聞こえるし!

まあ、そんなこんな、とんでもな現場でも、評判良く終わったのは、僕がカリスマ(死語)なせいでしょうか?

そんな事を考えながら、薄らほくそえんでいる 僕のうん○は、すっかり中国の香り!
(注2.中国か東南アジアに1週間以上滞在した人に聞いてみれば一発で教えてくれます!)

帰れない場所まで来てしまったようで、少しさびしく ちょっと大人になった気分の僕でした。

at 04:47 
とんでも紀行