2005年11月

2005年11月30日

今回の中国ツアーは、ある意味日本を代表して来てますのです。
はい。

とある有名アーティスト様が、日中親善大使みたいな事をやってらっしゃいまして、
「だったら中国でライブしろよ!」
って事になって、ライブするんならステージ仕切れる人探せ、ってことで僕がお声がけしていただいたみたいなんですが・・・

あのねえ、正直言って、ステージは仕切りますけど、国と国の親善みたいな事って僕には全然わかりませんから。
わからない人を5時間も6時間も打ち合わせに参加させるんじゃありません!

だって、受付のテーブルなんかを中国の方がご用意して下さっているのですが、日本から来たお偉い様方は、日本のより小さいとか、パンフレットをおくスペースがないだとか・・・

はたまた、タイトルが日中イベントか中日イベントかって事で何十分も討論なさいます。
そんなこと、今決める事ですか?
事前に決めてる事でしょ?

僕にはわかりません。。。
国の表記の順番がとっても大事なことなのかもしれませんが・・・

さすがに、そんな討論(大事かもしれませんが)数時間経過した辺りで、担当の方が
「あとはうちらでやっておきますから、お部屋へ戻っていただいて」
とおっしゃって頂いたので開放していただいたのですが。。。
その後、二時間ほど話し合いは続いたみたいです。

まあ、色々と立場もあるでしょうが、ちゃんと考えましょうよ。
あんまり文句書いて、異国の地で消息不明になるのも嫌なので、細かいことには触れませんが、明日からいらっしゃる お偉いさん方の観光旅行のために 僕らは来たわけではないので、その方たちの観光(視察ですか?)ルートだとか、歓迎の食事会だとか、ライブの席順だとか、アーティストと一緒に食事させろだとか、記念撮影だとか、わがまま言わないで下さいね。

VIPの方がメインではないでしょ!
あなた方は、偉いのではなく国の代表として親善に来た訳でしょ。
税金つかって・・・(僕のギャラも税金から頂くんでしょうが・・・)
ライブは一番後ろでご覧下さい!
どうせオジサンたちには、わかりませんから!



ああ、病んでる。
僕の心も、日本の政治も。。。
地球が病んでいるのかな?

at 23:32 
とんでも紀行 

2005年11月29日

眠い目をこすりながら、7時前に家を出る。
ダブルベッドの上で、愛猫は
「もう行くの?」
と鳴いている。
やさしくキスをして地下のガレージへ。
昨夜遅く、眠りについたばかりの愛車に、イグニッションキーをぶち込む。

乾いたガレージに心地よく響く、RB25のエギゾーストノート。

待ち合わせは、成田空港に8時。
余裕を持って、6時半くらいにでるつもりがこんな時間に。

高速が空いていれば一時間かからない距離・・・
早速、最寄の乗り口から首都高へ。。。

いきなり、事故渋滞・・・
環状線を湾岸抜けるまで大渋滞!
カーナビは 到着時間を10時半と表示。
Oh~!ジーザス!

心を落ち着かせるために、テレビをつける。
(良い子は運転中に見ないでね!)

先日、取材を受けた番組の放送時間になったからだった。
10分枠とは聞いていたが、あまりの編集悪さに激怒しながら湾岸へ。

湾岸に出たころは7時40分。

アクセルを踏み込み160キロで巡航。
8時10分 成田空港到着。

とまあ、北方謙三さんを気取ってハードボイルドに書いてみましたが、実際は遅刻スレスレで
「乗り遅れたらどうしよう!」
状態のまま、ドキドキの僕でした。

でも、冷静さ加減が違っただけでほとんどノンフィクションです。
(某番組が僕の最高のコメントを全部カットしたことも!そんな編集するなら、二度と取材受けてやらないからな!・・・と、僕への密着ではない特集への愚痴でした)
(だから、誤解しないで下さいよ。テレビに出たい訳ではないので!)

話は長くなりましたが、どうにかこうにか成田へ無事到着。

二週間ぶりに中国へ着ました!

で、今日は単純に移動日。
到着してもPapa(うちのスタッフ)と二人っきり。


お互い、中国語は
「ニーハオ」

「シェイシェイ」
しかしりません。

中国は、英語もほとんど使えません。
なので、二人で
「日本料理」
と書いてある店に!

なんで中国まで来て、ポテトサラダとかネギマとか食ってるんだろう・・・
だって、僕もPapaもシャイなんだもん!

とまあ、さんざんな一日でしたが、明日からは上海スタッフと合流です。
「熱烈歓迎」
のメールも頂いた事だし、明日から美味しい物を堪能しましょ!


といって、自分の冒険心のなさと小心者さ加減にあきれ返りました!
(旅行に来る人って尊敬します!すごい勇気ですよね!)

at 11:30 
とんでも紀行 

2005年11月28日

明日から中国ツアーというのに、他の仕事に追われて全然終わらん!
なんにも準備してないし。。。

でも、あした7時30分に成田で集合。
ああ・・・今日が終わる。

とりあえず、12月5日まで日本にいません!
僕を知っている人は連絡つかなくても死んだと思わないで下さいね!

at 23:33 
とんでもな日々 

2005年11月21日

最近、映画屋さんと仕事しています。
ひょんなことから某映画会社さんからご依頼を受けまして、とある映画監督さんと協作で脚本を書くことに。

まあ、細かく書くととてつもなく色々な皆さんに怒られそうなので、詳細については触れませんが、なんだかんだいってとてつもないビックな方々がいらっしゃる脚本を書いてます。
(上層部の政治的な事は全然わかりませんのでこれ以上はホントに内緒で)

内容はともかく、今日も監督とそれぞれが書いた台本と、僕が編集しているCG部分の試写やら、あさってのMAの打ち合わせやらと、ダラダラやっていると、宣伝担当の女性の方がいらっしゃいました。

彼女いわく
「明後日から密着カメラが、2局入るんですがよろしいですか?」
監督と二人で
「んっ???」

もちろん、庶民感覚丸出しの僕の「んっ???」は
「テレビに映るの??」
だったのですが、監督の「んっ???」は
「どこの製作会社のクルーが来るの?」
でした。
(ハッハッハッ・・・生きている世界の違いが)

彼女が製作会社の名前を言うと
「あそこのスタッフはダメ!トロトロしてうざいだけ!」
だって。
怖いですねえ。

そうは言っても宣伝は大事らしく、監督もしぶしぶOKしてました。
またまた、政治的な話で・・・
大人って難しい。

まあ、密着といっても出演される方の特番があって、僕を写しにくるわけではありません。
ただ、打ち合わせやリハーサル中に、僕がなんだかんだと台本の説明なぞやってるとこを撮らせて欲しいということでした。

なんだか偉くなった様で、
「ムフフッ!」
となりましたが、ここはちょっと難しい顔して
「皆の気が散らない程度でお願いしますね!」
などと、気取ってしまいました。。。

あ~恥ずかしい・・・
って、僕の取材じゃないんだって!

とりあえず、新しい服でも買いに行こうかな。
って、出演者の取材だから!

at 02:17 
とんでもな日々 

2005年11月20日

最近「イメージ」ということについてよく考える。
まあ、商売柄
「僕のイメージは・・・」
などと説明しなければいけない事が多いせいもあるのでしょうが。。。

で、今回は他人様からのイメージについて。
一番よく言われるのが、ちょっと仲良くなった頃
「はじめてあった時と全然イメージが違う。」
・・・って言われます。
10人中、13人くらいには言われます。

では、多いものから行きましょう。
「もっと怖い人かと思ってた。」
まあ、リハーサル中などはアシスタントを怒鳴ったりするのを
ご覧になってでしょう。
本当は虫も殺せない 優しい青年なのに・・・

次に
「意外に、静かなんですね。」
そうなんです、すごく人見知りなんです 本当は。。。
僕は、一般的な人見知りとちょっと違って
『相手の事を、ちょっと知ったら人見知り』
という 特殊な人見知り(?)なんです。
これは、こんな性格の方でないと説明しにくいんですが
初対面は大丈夫なんですよ。
とりあえず、聞くことあるし 仲悪くなっても どうせ他人だし。
それが、2~3回会うと 特別に聞くこともないし、個人的なこと話すほど
仲良くないし・・・
『でも、何か話さなきゃ』とか
『こんなこと聞くと失礼かな』とか
『これ言うほど、親しくないし・・・』
とか考えると、余計に話せなくなります。

あと、歳を聞かれて
「え~っ!!もっと年上かと思ってた。」
え~っ!!ってなんだよ!
どうせ、老けてますよ。
加齢臭がするのも自分で薄々気づいてますよ!

よくわかんないのが
「北の方の出身かと思ってた!」
何でだよ!
こっちとら、バリバリの博多もんやけんね!
ラーメンはとんこつ!
アイスクリームはブラックモンブラン!
鍋はモツ鍋!
パスタは明太子スパゲッティ!
それ以外は、認めんけんね!(ちょっと言い過ぎました)

ひどいのになると
「結構、こだわるんだね。」
コダワリ無い人間だと思ってたんかいっ!
一応、台本書いて演出やって生活してるんですけど!

もっとひどいのは、僕の書いた芝居見て
「ほんとに一人で書いたの?
 普段は面白くないのに、台本書くと面白いんだね。」
嬉しいんだか、悲しいんだか・・・

まあ、総合して考えると
僕って他人様のイメージは最低な様で・・・

ホントは、日本で三番目くらいに良い人なんですけど・・・

at 20:52 
とんでもな日々